• HOME
  • スタッフブログ

スタッフブログ

2018.07.12
解体工事紹介

RC造4階建解体工事

こんにちは、新世紀解体工業 周東です。
埼玉県飯能市RC造4階建解体工事をご紹介します。

建屋は敷地一杯に建てられており、道路を使用しての解体となります。
防音パネル養生を設置後、内装解体を行います。
内装解体発生材の搬出を行い、躯体だけの状態にしてから建屋の解体となります。

重機解体にて建屋に開口部を作り、建屋内に重機が進入できるようにします。
電線が低いため、接触しないよう高度な解体技術が必要となります。

4階部分の高所解体のため、ロングアームの重機に入れ替えを行います。

狭い空間での解体作業が続きます。

埃が飛散しないよう、散水養生をしながら解体を行います。

高所からの画像です。建屋が倒壊しないよう、構造を把握し安全に解体を行います。

防音パネルは建屋を支えに設置しています。
解体作業と並行して、防音パネルの撤去を段取り良く行います。

解体作業と解体発生材の搬出作業を繰返し行います。
上屋建屋解体後は、基礎解体に移行していきます。

基礎地中梁の解体のため、土を掘削し基礎をあらわします。
土とコンクリートガラが混ざらないよう綺麗に土を取り除きます。

ブレーカー(手前重機)で破砕しながら、搬出を同時に行います。

地下受水槽と地下ピットの解体です。

地下受水槽は深さが約4mありました。

建屋基礎と隣の塀が接しているため、細心の注意を払い解体します。

道路側の基礎を解体撤去します。

全ての基礎を撤去して埋戻し後に、整地して終了となります。

約3ヵ月間の工事となりました。 近隣の方々のご理解と、協力会社の皆様と職人一人一人が懸命に努めた結果、事故もなく無事に完了することが出来ました。

お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

施工事例集
解体価格表

無料相談お見積りはコチラ

PAGE TOP