• HOME
  • スタッフブログ

スタッフブログ

2020.10.16
社長の想い

感謝 そして逃げないこと 「生くる」

感謝をこれほど感じたことはありません。

先月社内で起きた問題に私が苦しみもがいていたら、たくさんの方に助けていただきました。
経営者は孤独と言いますが、私には、アドバイスや応援してくれる沢山の知り合い、仲間の経営者が
いたのです。こんなに勇気づけられたことはありません。「感謝」言葉にすればたったの二文字ですが
こんなに感謝したのは初めてです。困った時に助けてくれるのが仲間、同志と本当に実感しました。

ですから、私はこんどは恩返しできるような人間になりたいと思いました。
社員を助けたい。仲間を助け合えるような会社にしなければと強く思いました。

人間関係が上手くいかないのは、みんな自分のことしか考えていないから。
人の足を引っ張ったり、けなしたり。自分の考え方、やり方を押し付けたり。
私もやっていました。
理解しようと、助けてあげようと努力もしていないのに
あいつのせいだと自分と向き合うこと、相手と向き合うことから逃げているんですね。

「全ての因は我にあり」と思えれば、全て自分事。苦しいのはみんな一緒。
誰かを助ければ、自分にそれが返ってくる。(プラスの連鎖)
誰かを傷つければ、自分に返ってくる。(マイナスの連鎖)
そんな当たり前のことに気付けていなかった。
私はそんな当たり前の大事なことをおろそかにして
なんでわかってくれないんだと社員のせいにしたり
業界のせいにして逃げていたんです。

逃げても解決にはならない。

今回のことで「感謝」と「逃げない」を私は強く感じました。

私が成長しなければ、社員は成長できない。
私に責任があるんだと、当たり前のことに気付けました。

今回は、コロナと相まっていろいろな学び、経験をすることができています。
学びの友(同志)の弁護士さんに「生くる」という書籍(著者 執行草舟)を送っていただき
その中の「転禍招福」という言葉を教えてもらいました。
まさに私に必要な言葉、コロナ禍では、みんなにも響く言葉です。
禍を転じるとは、回転するってこと。軸があること。つまり回転させれば福になるってこと。
まさにピンチをチャンスに変えるということですね。
禍をたたきのめそうとするから苦しくなると。
正々堂々とそのエネルギーを受け止めて(逃げない)自分を軸にして回転させればよいと。
とても深く、しみる文章でした。自分の未熟さに気付けました。

当たり前にも深い意味を教えてもらいました。

当たり前のことは、理解を超えていることが多い。わからなくてよいことばかりなのだ。
わかろうとすると、できなくなる。当たり前のことをしないための理屈なら山ほどある。
当たり前の中に人の生きがいがある。それは当たり前と呼ばれるものが、人の努力の集積で
でき上り、歴史と文化の裏打ちがなされているからなのだ。

著書の一部抜粋

理解できないことをわかろうとするから苦しい。
わからないものを許容するから愛せるのだそうです。

難しく、深いけど、すっと腑に落ちる本です。
今私に必要な本と感じました。送ってくれたKさんに感謝。

そして、今回一番助けて頂いたI社長に感謝。

最後までお読みいただきありがとうございます。
 

お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

施工事例集
解体価格表

無料相談お見積りはコチラ

PAGE TOP

    

無料お見積りお申し込みフォーム

内装解体サービス一覧

  • 飲食店内装スケルトン解体
  • 店舗内装スケルトン解体
  • オフィス事務所内装スケルトン解体
  • 工場・施設内装撤去解体
  • マンション戸建内装スケルトン解体
  • その他のプチ改修

新世紀解体の住宅解体

マイベストプロ

  • 新世紀解体の特徴
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 会社概要
  • 新世紀解体が選ばれる理由
  • 内装解体工事を安く済ませるポイント
  • 内装解体業者の選び方
  • 内装解体の流れ
  • よくある質問
  • 内装解体価格表

営業エリア

営業エリア 東京都、埼玉県 広域をサポート!

埼玉県
日高市、飯能市、狭山市、入間市、所沢市、毛呂山町、坂戸市、鶴ヶ島市、東松山市、川越市、さいたま市、川口市、新座市、他広域
東京都
青梅市、福生市、羽村市、瑞穂町、日の出町、あきる野市、八王子市、昭島市、小平市、練馬区、板橋区、北区、豊島区、杉並区、立川市、他広域

スタッフブログ

内装解体事例